« February 2005 | Main | April 2005 »

31.03.2005

ジョギング3月の実績

出走日数 24日 今年の累計74日
走行距離 280km 今年の累計782km
日数・距離には奥の細道下見などの歩行も含まれています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

30.03.2005

峰友来宅

_002

昨日、遠く広島から出路富峰さんが奥さんと一緒にお越し下さいました。我が家に遠くないところに次女の娘さんがいて、娘さんの出産の手伝いとして上京されました。富峰さんとは10余年前萩往還、食堂兼旅館の五重の2階で会って以来何度か会っています。戒名まで峰名を名乗られる面白い方です。

いただいた賀茂鶴1升を平らげ、我が家にあった安酒3・4合2人で飲み干し、学生時代演劇部だっただけに演技抜群、ご機嫌でした。富峰さん東京にいる間にまたお越し下さい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

盲人マラソン

05-03-27_08-37

3月27日立川の昭和記念公園で行われた、盲人マラソンに前日の設営からスタッフとして参加しました。
当日、公園入口前に椅子・テーブルを並べた後、毎年役目は決まっていて、私は例年通り駅のホームで皆さんをお迎え兼誘導しました。ホームから見る彼岸桜が満開でした・・・。この大会、雨・雪などと悪天候で泣かされてきましたが、今年は穏やかな天気で何よりです。だが、公園のソメイヨシノ桜の開花はまだ先のようでした。

大会では、私はこれまた例年通り、10kmの後走役です。耳打ちされた注目の3人をマークしていましたが、2.5kmの折り返し後マーク外の最終走者を発見・・・その方についてもう一度折り返しました・・・・。私のよくあるミスでした・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

16.03.2005

奥の細道下見

芭蕉の辿った奥の細道、仲間の呼びかけで下見が始まりました。
第1回はソウルマラソンで参加出来ず、2回目の先週参加しました。

hosomichi_12_015

12日東武東上線下今市駅より日光東照宮・撼満が渕・裏見の滝を見物、バスで日光まで戻って、再び徒歩で芭蕉の道を辿り、鬼怒川温泉のはずれのかご岩温泉泊。距離およそ35km。13日は矢板までおよそ20kmのんびりと歩きました。

参加者の下島さんは山や植物に詳しく大いに勉強になります。頑固に隠居の田口さんは目敏くふきのとうを見つけて摘んで行きます。準備よく酢みそを持参で酢みそ和えにしてくれましたが、最高の酒の肴でした。

次回は3月25/26日。私は立川盲人マラソンのスタッフにため参加出来ないので、4月1日日独りで消化して、4月2/3日のその次の回に臨む予定です。

呼びかけ人のレポート

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08.03.2005

第8回ソウル国際市民マラソン

3月6日ソウル国際市民マラソンを走りました。
昨年秋、学芸大学のいろはにほへと塾とソウルマラソンクラブとの合同練習会に参加しました折り、朴会長から大会のパンフレットをもらったのですが、わが峰友の桜井連峰さんと竹田龍峰さんの写真が載っていました。2人に連絡すると毎年参加しているとのこと。私もその気になり、2人は虚無僧軍団でもあるので、虚無僧姿で走るべく提案しましたが、河川敷とたしなめられ諦めました。私は河川敷とは知りながら、ついニューヨークやロンドンの大観衆を想定してしまったのでした・・・。

とまあれ、ツアーは別々。現地で2人にも多くの仲間にも会えて何よりでした。

souru_035a

桜井連峰さんは今年80才。私より15才も年上ながら、私はこれまで1度も連峰さんに勝ったことはありません。この度も行きは先行したのですが、折り返しで捕まってしまいました・・・。そして、私の小便タイムで先行されたまま徐々に差が開く一方・・・。だが、目立つ連峰さんの赤いウエアーを目標に必至に追いかけました・・・。冷たい逆風の中なかなか追いつきません。しかし、35km辺りから連峰さんは歩きを交えるようになって、残り2km辺りでようやく追いつき、手をつないでゴールイン。最高齢者賞で持ちきれない賞品、たまたま直ぐ前にゴールした龍峰さんと2人で手伝ってやりました・・・。

souru_004

この度のツアーはいろはにほへと塾とは縁のある海外旅行開発。私は昨秋のツアーの49800円とばかり思って参加したのですが、79000円で、少々心外でしたが新たな楽しい仲間と会えて何よりでした。

souru_019a

2月に突然ソウルに転勤になった呑み仲間のPちゃんが、締め後ながら、私の手蔓で参加出来ることになり、現地で会えたのも何よりでした・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »